ファクタリングは即日現金化可能なの?

スーツを着た女性

ファクタリングのメリットには即日の資金調達が可能であるということがあるため、一刻も早く資金を充足したい中小企業や個人事業主にとっては効果的な資金調達の方法となっています。そもそも、どうしてファクタリングによる資金調達の場合には即日の現金化が可能なのでしょうか。

他の資金調達の方法には銀行からの融資が一般的なものとして挙げることができますが、銀行からの融資の場合には審査に必要な書類が多かったり審査期間が長くなってしまうため、どうしても即日の資金調達をすることができません。また、銀行からの融資の場合にはお金を貸すことになるため、融資先企業の経営状況や資金繰りなどを厳しく審査する必要があり、融資する側としても貸し倒れのリスクが高いところには融資することが出来ません。

一方、ファクタリングの場合には売掛債権を売却する売買取引になるため、厳しい審査などがなく申し込んだその日のうちにも売掛債権を現金化することができます。銀行融資のように厳しい審査などが無い訳は、売掛債権を売却する企業がいくら赤字決済であっても売掛金は回収することのできる資産になるので、売掛金が確実に発生していると分かれば審査を通すことができるからです。

そのため、売掛債権を売却するファクタリングは他の銀行融資やビジネスローンなどとは違い、申し込んだその日のうちに審査が完了して自社の売掛債権を即日の現金化をすることが可能になります。ただし、即日の現金化の場合には2者間ファクタリングでなければ難しく、3者間ファクタリングの場合では売掛債権を現金化するまでには1~2週間は必要となってしまいます。

売掛債権を売却する利用会社とそれを購入するファクタリング会社だけの2者間であれば、利用会社の取引先企業に対して通知と承諾を得る必要がないので即日の現金化が可能です。しかし、3者間では売掛債権を売却する利用会社の取引先企業に対して通知と承諾を得る必要があります。そのため、3者間の場合には時間が掛かってしまい、即日の現金化を行うことができません。また、ファクタリングによって即日の現金化を行いたい場合には、2者間でのファクタリングを実施する必要があります。

即日の現金化が可能な2者間の場合には手数料が3者間の場合よりも高くなってしまうので、早期の資金調達ができるメリットはありますが手数料が高くなってしまうといったデメリットが発生してしまいます。