ファクタリングの審査は甘いのか?

スーツを着た男性

前述していますが、ファクタリングの審査は銀行やビジネスローンといった資金調達よりもかなり甘くなっています。ではなぜファクタリングの審査は、他の資金調達の方法と比較すると甘くなっているのでしょうか。

ファクタリングの審査が甘い訳はいくつか挙げられますが、大きな理由としては売掛債権が確実にあると分かれば審査を通すことが可能だからです。銀行やビジネスローンからの融資の場合には貸し倒れのリスクを回避するために、融資先の経営状況や資金状況などを細かくみられてしまいます。

一方、この方法の場合には売掛債権が確実にあれば売掛金を回収することができるため、利用会社がいくら赤字経営であろうと関係ありません。また、経営状況があまり上手くいっていない企業の場合でも特に問題なくファクタリングを利用することができます。そのため、ファクタリングの審査は他の資金調達の方法と比較すると甘い基準となっています。例えば、毎月のように100万円の赤字を算出していて経営状況が厳しい中小企業があったとします。また、その時に商品を提供して発生した売掛債権を売却するファクタリングを利用しようとしたとします。その場合には、そのような経営状況が厳しい企業であっても売掛債権がなくなってしまうということはなく、売掛債権を買い取る側としても売掛金が回収できれば何も問題がありません。

その他のファクタリングの審査が甘い訳としては、利用会社よりも取引先企業の経営状況や資産状況の方が重く見られる、ということも挙げることができます。資金調達する場合には一刻も早く資金を充足したい企業などが多いため、借り入れによる資金調達の場合には融資先の経営状況が上手くいっていないということが往々にしてあります。そのため、銀行からの融資などの場合には審査が厳しくなってしまいます。その点、ファクタリングの場合には取引先企業から売掛金を回収する資金調達になるので、特に資金が足りていないとう状況の可能性が低くなっています。そのため、銀行やビジネスローンからの融資とは違い、貸し倒れのリスクがとても低く同時に審査も甘く設定することができます。

以上のようにファクタリングの資金調達は、審査が甘いということが大きなメリットになっています。銀行やビジネスローンからの融資で断られてしまった中小企業や個人事業主には、売掛債権を売却する資金調達の方法がオススメとなっています。