ファクタリングの利用額の相場・限度額はどの程度?

握手をしているひと

ファクタリングの利用額の相場は、企業の業種や規模によってかなり差があります。ファクタリングはやや規模が大きい中小企業から、家族で経営しているような個人事業主まで利用することが可能なのです。そのため、一概にこの資金調達方法の利用額の相場をハッキリと決めることはできません。ただ、中小企業と個人事業主に分けて利用相場を考えると、ある程度の金額を推測することができます。

中小企業による売掛債権の場合には数百万円~数千万円の売掛債権の場合が多く、個人事業主の場合には数十万円規模の売掛債権の場合が多いです。そのため、ファクタリングのおよその利用相場は中小企業の場合であれば数百万円~数千万円になり、個人事業主の場合には数十万円~数百万円といったものになります。

また、ファクタリングの限度額については売掛債権を買い取ってくれるファクタリング会社がそれぞれ設定しています。限度額を知るにはファクタリング会社が公開している公式ホームページで確認することができて、限度額が高い所では最大5億円といった高額の売掛債権にも対応しているところもあります。ただ、全体的な相場を見てみるとおよそ5,000万円~1億円くらいまでが限度額となっているところが多くなっています。また、最低限度額の相場を見てみるとおよそ50万円~100万円といった金額が相場となっています。主に個人事業主に特化しているファクタリング会社の場合には、売掛債権の最低限度額は低めの設定となっているところが多いです。

その他、売掛債権の利用額によって手数料が変わっていくことも知っておいた方がよく、数十万円の売掛債権の場合には手数料がかなり高くなってしまいます。売掛債権の額が少ないと手数料が高くなってしまう訳は、ファクタリング会社としての利益が大きく関わっていて、数千万円という売掛債権であれば手数料が低くても大きな利益を上げることができます。しかし、数十万円という少額な売掛債権の場合には手数料を高くしなければ十分な利益を上げることができません。

そのため、個人事業主や小規模事業者といった少額な売掛債権が発生しやすい企業の場合には注意する必要があります。あまりにも少額な売掛債権の場合にファクタリングを行ってしまうと、実際に回収できるはずだった売掛金が大きく目減りしてしまいます。そのような事にならないためにも、少額な売掛債権の場合には手数料に十分注意する必要があります。