ファクタリングにかかる手数料の相場はどのくらい?

お金が入っている瓶と葉

売掛債権を売却するにはファクタリング会社を利用することが一般的になり、その場合には手数料が発生してしまいます。資金調達をする企業としては手数料が気になるところですが、ファクタリングの手数料の相場は一体どのくらいなのでしょうか。これからファクタリングによる資金調達を検討している企業の場合には、適切な手数料の相場を知っておく必要があります。

ファクタリングには2者間と3者間による取引形態があるということは先ほど紹介しましたが、手数料の相場はこの2つの取引形態によって大きく異なっています。一般的に2者間の方が3者間よりもこの料金が高く設定されてあります。それぞれの具体的な相場は、2者間の場合では売却する売掛債権に対して10~20%となっています。また、3者間の場合の相場は1~5%と2者間よりもかなり低く設定されてあります。

2者間よりも3者間の方が手数料が低い訳は、ファクタリング会社に対するリスクによって比例しています。2者間の場合では売掛債権を売却した後に、利用会社が回収した売掛金を支払ってくれないリスクがあります。一方、3者間の場合では利用会社の取引先企業が直接売掛金をファクタリング会社に対して支払うスキームとなっています。そのため、3者間の方が確実に売掛金を回収することができるため2者間よりもリスクが低く、それと同時に手数料も低く設定することができます。

また、2者間の場合では売掛債権の二重譲渡というリスクがあります。売掛債権の二重譲渡というのは、複数のファクタリング会社に対して売掛債権を売却することを言います。売掛債権を二重譲渡されてしまうと、本来回収できるはずの売掛金が回収できなくなってしまいます。3者間の場合であれば、利用会社の取引先企業に対して売掛債権を売却することを通知して承諾を得ることができるので、二重譲渡のリスクは殆どありません。しかし、2者間の場合では取引先企業には通知しないので、二重譲渡を行えてしまいます。

このようなことから、2者間と3者間とでは手数料が大きく異なっています。また、ファクタリング会社によっては手数料は異なっているので、出来るだけ低めに設定をしているところを選ぶと売掛債権の目減りが少なくなります。その他にも売掛債権を二重譲渡することは詐欺行為となってしまうので、かなり悪質性があり罪に問われてしまいます。そのため、ファクタリングをこれから行う企業の場合には二重譲渡をしないように気を付けなければなりません。