ファクタリングと約束手形はどんな違いがある?

はてなマークとスーツを着た男性

ファクタリングと似ている物には約束手形による売掛金の回収方法がありますが、約束手形と比較した場合にはどのような違いがあるのでしょうか。

そもそも約束手形とは、商品やサービスなどを提供した際に取引先企業などが発行する金銭証書のことを言います。そのため、約束手形は金銭証書の名称になりファクタリングは金融サービスの名称になるので、2つは全く違うものということになります。また、約束手形の場合には支払い期限を待たなくては売掛金を回収することが出来ませんが、ファクタリングの場合には売掛債権の支払い期限の前に現金化することができます。

さらに、約束手形の場合には裏書をすることで第3者に対して譲渡することができますが、ファクタリングの場合には裏書をしなくても第3者に譲渡して売却することが可能です。そして、手形の場合では償還請求権が発生してしまうため、売掛債権が回収不可能になってしまうと裏書人がその保証をしなければなりません。一方、ファクタリングの場合には基本的には償還請求権が発生しないノンリコースとなっているため、売掛債権が回収できなくても利用会社にはその保証を求められることがありません。このことからも分かる通り、両方の取引の違いは金銭証書と金融サービスによる違いの他にも、支払い期限や償還請求権などの違いがあることが分かります。

また、約束手形と同じように間違われやすいものには手形割引があり、同じような金融サービスだと勘違いされているケースがあります。手形割引とは手形の支払期限の前に現金化する金融サービスのことを言い、金融機関や手形割引業者などで行うことができます。ファクタリングも売掛債権の支払い期日の前に現金化できる金融サービスなので、約束手形による手形割引にとても似ています。ただ、ファクタリングと手形割引も違うもので、ファクタリングの場合には手形を必要としません。一方、手形割引の場合には手形を必要とする資金調達になるので、2つの金融サービスは基本的に違うものとなっています。

手形取引は徐々に衰退していて、今では口座振り込みでの取引が主流となっています。そのため、ファクタリングを行う割合の方が増えていて、手形取引にはない様々なメリットを受けることができます。約束手形による代金回収を行っているのであれば、将来的には掛け取引による売掛債権の売却という資金調達の導入も検討した方がいいでしょう。