ファクタリングの疑問を解決!

企業の資金調達の方法はさまざまな種類がありますが、売掛債権を売却するファクタリングという方法もあります。ファクタリングとは欧米などでは企業の資金調達としてはとてもポピュラーなものですが、日本ではまだまだ主流な資金調達の方法とは言えません。

ファクタリングの仕組みはとても簡単で、売掛債権を専門に買い取っているファクタリング会社に自社の売掛債権を売却する方法となっています。そのため、売掛債権が無ければファクタリングを実行することができませんが、ほとんどの中小企業の場合には売掛債権が発生していることが多く、ファクタリングは国も推奨している資金調達の方法の一つになります。

握手をしているひと

ファクタリングには主に2つの取引形態があり、2者間と3者間のファクタリングがあります。2者間のファクタリングとは、売掛債権を売却する利用企業とファクタリング会社のみで取引が行われる取引形態のことを言います。一方、3者間とは利用企業とファクタリング会社の他にも売掛債権が発生している取引先企業も関わる取引形態になります。

日本では主に2者間が主流となっていて、3者間の場合では取引先企業に対して売掛債権を売却することを連絡して承諾してもらう必要があります。取引先企業は大切なパートナーやお客とも言えるため、日本では売掛債権を売却することはやや失礼にあたるのではないのか、といった気持ちがまだまだ根強くなっています。そのため、日本企業の場合には取引先に対して売掛債権を売却することを通知しない2者間が一般的です。ただ、3者間は2者間によるファクタリングよりも手数料が低くなっているメリットがあります。売掛債権を売却するにはファクタリング会社に対して手数料を支払う必要がありますが、売掛債権を買い取るファクタリング会社としては利用企業の取引先企業が承諾してもらえば確実に売掛金を回収することができます。そのため、2者間よりも3者間の方が手数料は低く設定されてあります。

ファクタリングの仕組みを簡単に紹介していきましたが、売掛債権は売却することが可能なため自社の資金調達の手段として上手く利用することで売掛金の早期回収を図れます。さらにキャッシュフローの改善などをすることも可能で、事業資金をより早く準備することで会社の経営にも良い効果を期待できます。銀行からの融資などが上手くいかない場合には、ファクタリングを行うことで事業資金を早急に準備することが可能です。また、ファクタリングの情報サイトもありますので、多くの知識を身に着けてから利用するようにしましょう。